クイズです*暮しの中でよく見かける漢字*

普段よく見かけ、日常よく使われている漢字の読み方や意味に自信の無いものをクイズ形式でもう一度確認します。

日本の季節 二十四節気(にじゅうしせっき)

Number17

 

二十四節気とは、一年を春夏秋冬の四つの季節に分け、さらにそれぞれを六つに分けたものです。

現在でも、立春夏至など季節を表す言葉として用いられています。

普段の生活の中で、その季節ごとによく見かける漢字ですので、読めると何かと役に立つ漢字です。

 

以下の節気いくつ読めますか?

 

1】立春⇒( )2】雨水⇒( )

3】啓蟄⇒( )4】春分⇒( )

5】清明⇒( )6】穀雨⇒( )

7】立夏⇒( )8】小満⇒( ) 

9】芒種⇒( )10】夏至⇒( )

11】小暑⇒( )12】大暑⇒( )

13】立秋⇒( )14】処暑⇒( )

15】白露⇒( )16】秋分⇒( )

17】寒露⇒( )18】霜降⇒( )

19】立冬⇒( )20】小雪⇒( )

21】大雪⇒( )22】冬至⇒( 

23】小寒⇒( )24】大寒⇒( 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《ヒント》

1】節分の次の日 2】雪が雨に 3】虫が出てくる 4】春のお彼岸 

5】春の日差し 6】穀物を育てる 7】暦の上では夏 8】水田に早苗 

9】種まき 10】太陽が最も高い 11】梅雨明け 12】最も暑い

13】暦の上では秋 14】暑さも収まり傾向 15】早朝は気温がさがり 

16】秋のお彼岸 17】晩秋の冷たい露 18】霜が降ります 

19】暦の上では冬 20】山沿いでは雪 21】本格的な冬 

22】夜が最も長い 23】寒の入り 24】最も寒い

2月4日~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

   以下答え

*******↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓*******

 

 

以下答え

*******↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓*******

2024年の二十四節気

1】立春⇒(りっしゅん

2月4日 寒さも峠を越え、少しだが春の気配が感じられる

     暦の上ではここから春

2】雨水⇒(うすい

2月19日 雪が溶けて水になる、降ってくる雪も雨に変わる

3】啓蟄⇒(けいちつ

3月5日 地中に冬籠りしていた虫がは出てくる

4】春分⇒(しゅんぶん

3月20日 太陽が真東から昇り真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる

5】清明⇒(せいめい

4月4日 全てのものが生き生きとして、清らかに見えてくる

6】穀雨⇒(こくう

4月19日 穀物をうるおす、温かな雨が降る

 (春雨が降って百穀を潤す)

7】立夏⇒(りっか

5月5日 夏の気配が感じられる

    暦の上ではここから夏

8】小満⇒(しょうまん) 

5月20日 全てのものが育ち天地に満ちはじめる

9】芒種⇒(ぼうしゅ

6月5日 稲などの穀物を植える時期、梅雨に入る時期

10】夏至⇒(げし

6月21日 太陽の高さが最も高くなり、昼の長さが最も長くなる

11】小暑⇒(しょうしょ

7月6日 梅雨の明けるころ、暑中の始まり

12】大暑⇒(たいしょ

7月22日 夏の暑さが最も極まるころ

13】立秋⇒(りっしゅう

8月7日 秋の気配が感じられる

    暦の上ではここから秋

14】処暑⇒(しょしょ

8月22日 暑さもおさまるころ

15】白露⇒(はくろ

9月7日 夜間や早朝に気温が下がり、草木や花につゆがついて白く光って見える

16】秋分⇒(しゅうぶん

9月22日 昼と夜の長さがほぼ等しくなる

     秋のお彼岸

17】寒露⇒(かんろ

10月4日 草花に冷たい露が付く

18】霜降⇒(そうこう

10月23日 冷たい霜が降りるころ

19】立冬⇒(りっとう

11月7日 冬の気配が感じられる

     暦の上ではここから冬

20】小雪⇒(しょうせつ

11月22日 雨が雪にかわるころ

21】大雪⇒(たいせつ

12月7日 雪が降り積もるころ

22】冬至⇒(とうじ

12月21日 昼の長さが、もっとも短くなる

23】小寒⇒(しょうかん

1月6日 寒の入りで、寒さがましてくる

24】大寒⇒(たいかん

1月20日 最も寒さがつのるころ

 

 でした!! いくつ読めましたか?